千葉市中央区相続相談センター千葉電話043-224-0505

信頼と実績 相続の専門家チームだからできる安心相続
最新ノウハウによる徹底した節税と納税対策
二次相続も含めた円満な遺産分割の提案
安心で明確な料金を事前提示

埼玉県さいたま市浦和区、大宮区、中央区の土地の平均価格と平成25年の相続税の改正による基礎控除の縮小により、埼玉県さいたま市浦和区、大宮区、中央区に一定の面積の土地と金融資産をお持ちの方の相続の対策と、相続税の申告、納税等についての注意事項は次の通りです。


平成25年度税制改正により、平成27年1月1日以後の相続について、相続税の基礎控除が引下げられ、課税対象者が大幅に増える見込みです。 早めの相続対策をおすすめします。


相続税の計算方法と基礎控除の40%縮小

相続税は、被相続人である亡くなった人の財産と、被相続人が保険料を支払っていた生命保険金等の財産を足して、債務を引いて課税価格を計算します。この課税価格を計算するに際して、土地をいくらで評価するかがポイントになります。

なるべく、減価できる要因をさがし出して少しでも安く評価額を算出すること。また、税務調査に際しても減価要因を説明して税務署を納得させることが必要です。

次に、相続税の計算は、相続税が課税される課税価格の合計額から基礎控除額をマイナスします。
この基礎控除額は最も重要であり、基礎控除額以下の遺産額であれば、相続税の申告もしないで済みます。

基礎控除額が以前は法定相続人が3人であれば8,000万円ありました。
しかし、平成27年1月1日以降は法定相続人が3人でも4,800万円に引き下げられました。(2人では4,200万円、1人では3,600万円)これによって、基礎控除を超える遺産がある場合は相続税の申告が必要になりました。

この基礎控除を引いた課税遺産総額に、法定相続分通りに相続したと仮定して、各法定相続人の相続する遺産がいくらずつになるかを算出します。その金額に応じてそれぞれ仮の相続税額を算出します。各人の金額の合計額が相続税の総額になります。最終的には相続税の総額を実際の遺産の分割割合によって按分することになります。

各人の納税額は税額控除をして計算されます。
たとえば、配偶者の税額軽減によって、配偶者の相続した遺産について、法定相続分または1億6千万円以下のどちらか大きい金額についてまで相続税はかかりません。 ただし、遺産分割協議書の添付と相続税の申告が必要です。

その他、未成年者控除、障害者控除等があります。
相続税の計算の根幹を成す基礎控除の40%縮小により、相続税の申告をする必要のある方が5割増えると言われています。

相続税の節税のためには土地の評価を少しでも下げることが必要です。
土地の評価額を下げる方法は、生前に行うものと、相続税の申告の際でも間に合う方法があります。
相続税の申告に詳しい税理士に相談することによって、少しでも減価要因を探し出すことがポイントです。

相続税の節税対策


埼玉県さいたま市浦和区の住宅地の平均価格と相続税

埼玉県さいたま市浦和区の住宅地の平均価格は、平成22年地価公示によれば、1平方メートル当たり254,100円です。坪当たり約839,800円になります。また、商業地は1平方メートル当たり462,500円、坪当たり約1,528,500円です。埼玉県の中では、住宅地が1番目に高い価格、商業地が4番目に高い価格となっております。

約51坪以上住宅地の土地を所有していれば、相続税の基礎控除である42,000,000円(相続人2人と仮定)を超えてしまいます。(現実には路線価と公示価格は異なりますが、一応の目安として算定)

自宅等、小規模宅地の特例の適用になる、一定の土地であれば評価は下がり、税額が発生しない場合もありますが、遺産分割協議書の作成と相続税の申告が必要になります。

埼玉県さいたま市大宮区の住宅地の平均価格と相続税

埼玉県の中でも最も商業地域として発展しており、最近では鉄道博物館でも有名な埼玉県さいたま市大宮区の住宅地の平均価格は、平成22年地価公示によれば、1平方メートル当たり229,100円です。

坪当たりは、1平方メートル当たり229,100円に3.305を乗じ、約757,100円です。
42,000,000円を757,100円で割ると55.47……となり、
相続人2人の場合、約56坪以上の土地を所有していれば、相続税がかかることになります。

また、商業地は1平方メートル当たり778,800円、1坪当たり約2,573,900円で、埼玉県の中では最も高い価格となっております。

埼玉県さいたま市中央区の住宅地の平均価格と相続税

さいたまスーパーアリーナ、さいたま新都心で有名な埼玉県さいたま市中央区の住宅地の平均価格は、平成22年地価公示によれば、1平方メートル当たり223,800円で坪当たりは約739,600円です。

約57坪以上の土地を所有していると、相続税の基礎控除額42,000,000円を上回ってしまいます。
また、商業地は1平方メートル当たり268,700円、1坪当たり約888,000円です。




 平成23年税制大綱相続セミナー「サンデーフロントライン」テレビ朝日22.12.19放送




当相続相談センターでは、行政書士、税理士が中心となって司法書士、弁護士、不動産鑑定士が情報を共有のもと、安心、安全に相続業務を行います。





お気軽にお問い合わせください。043-224-0505 相続相談センター千葉
お問い合せフォームへ
千葉の税金対策は千葉市 税理士/田代会計事務所のホームページへ


相続相談センター東京0120-48-0505
お問い合せフォームへ



 


主な業務エリア
<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区




■ 免責事項 ■ 当サイトの掲載の内容によって生じた損害につきましては、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。
実行に際しては、専門家への相談をおすすめします。
Copyright by 相続相談センター千葉 このホームページに掲載されている文章・画像の二次利用・無断転載を禁止いたします。